カスタムメイドのGROBターンキーソリューション
 

E-マシンおよび電気モーターを安定的に量産する革新的技術の研究とシステム分野における長年の経験を活かし、GROBは最高品質のターンキーソリューションをスピーディに実現します。お客様が求めるE-モビリティを最適な形で実現し、最大出力での経済的な生産を保証するため、製品の設計段階からプランニング、アセンブリシステムの実装に至るまでGROBがきめ細かくサポートします。

GROBが提供するサービス
  • ステーター組立
  • ローター組立
  • メカトロニクス
  • 最終組立
  • モーターおよびギアボックスケースの製造(機械加工)
GROBの巻線技術

GROBは電気モーターの量産に適した機械とシステムを開発・生産しています。ドイツ、ミンデルハイムおよびイタリア、トリノの生産拠点では、駆動部やモーターのサイズに応じて丸線および平角線タイプの様々な巻線技術を取り扱っています。当社の製品ポートフォリオは自動車業界のお客様向けにスタンドアロン型から半自動マシン、完全自動化されたターンキープロジェクトまで広がっています。

ヘアピン技術によるステーター製造

GROBは、様々なサイズのヘアピン型ステーターに対応する幅広い製品ポートフォリオを提供します。革新的な曲げ技術により、1バッチサイズの生産においても工具を変更することなく、非常に高い柔軟性と多様なバリエーションを実現できます。

連続型ヘアピンによるステーター生産

連続型ヘアピンの利点は内径が大きくスロットの多いコイルを経済的に生産できる点です。この技術によって小さなワイヤ断面積でも扱いやすくなり、煩雑な端子間の接合が不要になります。GROBでは柄巻きと平巻きの2通りの方式で、連続型ヘアピン向け織コイル材を製造しています。

コイル挿入技術によるステーター生産

GROBイタリアは何十年にもわたり丸線を使った挿入技術を提供してきました。そのため完全自動生産ラインを採用したプロジェクトの実現に関して豊富な専門知識を有します。

  • フライヤー式巻線:フライヤーが丸線ワイヤと共に、固定した板の周りを回転することで、コイルを製造します。
  • テンプレート板型巻線:テンプレート板が回転し、その周りに丸線ワイヤが巻かれることによってコイルを製造します。

ノズル巻線によるステーターおよびローター生産

GROBイタリアではステーターとローターの両方の製造に適用可能な、丸線ワイヤとノズル巻線技術による生産システムを開発しています。対応した試作機が既に提供可能です。

GROBが提供するサービス
  • E-マシンのデザイン 設計サポート
  • プロトタイプの製作
  • 製造プロセスの開発と検証
  • 従業員の研修とトレーニング
  • バリューチェーンに沿った品質確保

GROBとパートナーシップを結ぶ利点最適なソリューション: 量産分野における長年の経験と革新的な製品を活かし、GROBが、E-モビリティプロジェクトを成功へと導きます。

詳しい情報をご希望ですか?

お気軽にお問い合わせください。